真冬の美瑛撮影<その3>

<前回の記事(真冬の美瑛撮影<その2>)より>
 
こんばんは、Koozyです。
引き続き、美瑛にいます。

 
   
今日の美瑛は、朝からそこそこ
雪が降っていました。

  
 
今回目的とする撮影は雪が強く降っている中だと、
撮れない写真です。
 
  
 
それに加えて、昨日の撮影の中で実は
左手を負傷してしまい、昨日は激しい痛みで
左手でモノを全く握れない状態に
なっていました。

 

 

 
 
痛みが強く骨折を疑いましたが、
ひとまず一晩様子を見た感じ、
今日は昨日よりは幾分かマシになったので、
折れてはなさそうです。

 
 
昨日は指を動かすだけで激痛が走っていましたが、
ひとまず今日はクルマのハンドルくらいは
握れそうです。
 
  
 
 
いずれにしても今日の空模様と手の状態では、
仕事としての撮影ができないので、
急遽、最終日(予備日)と予定を入れ替えて、
今日はOFFにしました。
 
 
 
最終日(明日)の帰りのフライトまで時間があり、
元々そこを予備にしてありましたが、
今日は旭川の方まで足を運びました。
 
  

 
 
目的地は、かの有名な旭山動物園です。
 
 

  
 
ここと言えば、ホッキョクグマですね(^^)
 
  
 
実際に見てきました。

 
 
  
 
ずっとウロウロしてて、見てて飽きないです(笑)

 
 
 
 
急遽の予定変更でしたが、文字通りの骨休めとなりました(^^;

 


 
 
ひとまず明日にはカメラは両手で使える状態には
回復しそうです。

 
 
最後まで貪欲に、1枚でも多くの画の素材を
撮影してきたいと思います。
 
<次回の記事(真冬の美瑛撮影<その4(最終話)>)に続く>

関連記事

代表 Koozy(川本浩司)

代表 Koozy(川本浩司)

はじめまして、Photo Space Reborn(リボーン)の代表 Koozyこと、川本浩司と申します。

写真って、目に映る姿・形などの外見や外観がそのまま忠実に写し出されているだけの印象を受けるかも知れませんが、実は内側にある思いや考えなど内面的な部分まで再現されるんですよね。

私の撮影において、特に人を撮る場合、ただカッコ良く、見栄え良く撮るだけでなく、その人の自然な表情や潜在的な魅力を引き出す部分に強くこだわっています。

ここでお会いできたのもなにかの縁かもしれません。
このきっかけをいかして、あなたにとって最高の一枚をめざしませんか?

代表 Koozy(川本浩司)

ページ上部へ戻る