ある若手声優さんのポートレート撮影

こんばんは、Koozyです。
8月に突入しましたね。

 

今日になりますが、私が以前から撮影している
ある男性若手声優さんのオーディション用の
ポートレートの撮影でした。

 

 

今時の声優さんって、「声だけの出演」でなく、
本人そのものが普通にメディア出演するので、
一般のタレントさんとあまり
変わらないような感じですね。

 

ただ、あくまで声優さんなので、
求められる部分はタレントとは違う訳で
オーディション撮影でもタレントを撮る時とは、
若干テイストを変える必要があります。

 

 

特にその人の声のイメージと
写真の雰囲気を合わせる必要もあり、
それをどう画に写すかが
カメラマンの腕の見せ処です。

 

 

ひとまず、ご本人のキャラや性格、
今後の方向性を踏まえた上で
私なりに頑張ってみました。

 

 

しかし、夢や目標に向かって、
ひた向きに進もうとしている
若い世代の人たちを見ると、
本当に応援したくなるし、
いい刺激をもらえますね(^^)

 

 

・・・と言っている時点で、
私もいい歳になったなとしみじみと感じますが(笑)、
私自身もまだまだやることもたくさんあるので、
同じくひた向きに進んでいきます。

 

何はともあれ、今日の写真が
少しでも彼の未来を切り拓く
後押しになってくれたらなと思います。

 

関連記事

代表 Koozy(川本浩司)

代表 Koozy(川本浩司)

はじめまして、Photo Space Reborn(リボーン)の代表 Koozyこと、川本浩司と申します。

写真って、目に映る姿・形などの外見や外観がそのまま忠実に写し出されているだけの印象を受けるかも知れませんが、実は内側にある思いや考えなど内面的な部分まで再現されるんですよね。

私の撮影において、特に人を撮る場合、ただカッコ良く、見栄え良く撮るだけでなく、その人の自然な表情や潜在的な魅力を引き出す部分に強くこだわっています。

ここでお会いできたのもなにかの縁かもしれません。
このきっかけをいかして、あなたにとって最高の一枚をめざしませんか?

代表 Koozy(川本浩司)

ページ上部へ戻る