⑤取り残された時間(とき)

取り残された時間(とき)

東日本大震災から1年後の2012年3月に、宮城県仙台市、名取市、岩沼市にて撮影。

Koozyは震災発生時(2011年3月)に、仙台の大学に通っていました。
その縁で毎年東北のその後を撮り続けています。

time01

time02

time03

time04

time05

time06

time07

time08

time10

time11

time12

time13

time14

time15

time16

time17

time18

time20

time21

time22

関連記事

代表 Koozy(川本浩司)

代表 Koozy(川本浩司)

はじめまして、Photo Space Reborn(リボーン)の代表 Koozyこと、川本浩司と申します。

写真って、目に映る姿・形などの外見や外観がそのまま忠実に写し出されているだけの印象を受けるかも知れませんが、実は内側にある思いや考えなど内面的な部分まで再現されるんですよね。

私の撮影において、特に人を撮る場合、ただカッコ良く、見栄え良く撮るだけでなく、その人の自然な表情や潜在的な魅力を引き出す部分に強くこだわっています。

ここでお会いできたのもなにかの縁かもしれません。
このきっかけをいかして、あなたにとって最高の一枚をめざしませんか?

代表 Koozy(川本浩司)

ページ上部へ戻る