晴空 ~明日へと続く空~

晴空 ~明日へと続く空~

何1つない 今立っているこの場所から
空に向かって放たれた 一片(ひとひら)の翼
すぐに折れ曲がってしまいそうな
柔(やわ)な翼を 思いきり大きく広げて

 

揺ら揺らと漂い どこに向かうのかも
これからどこに降り立つとも知れず
向かい風に 何度も押し戻されながら
細い身体を揺らめかせ 必死で飛び続けた

 

時間(とき)は 確かに刻まれてきたけれど
ずっと 時計の針は止まったままで
ずっと 心は取り残されたままで
前に進んだのかさえ分からなかった

 

今 漂い続けている空の先はきっと
明日の晴空へとつながっているから
疑いたくもなる日々の繰り返しの中で
空に一筋の飛行機雲を 描き続けてきた

 

 

まだ拭いきれない不安も涙もあるけれど
顔を上げて 少し前を見上げてみると
川の向こう側に 秋桜(コスモス)の花が咲いていた
雲の向こう側に 秋の夕陽が煌めいていた

 

昨日の暗闇ばかりを見るんじゃなくて
今日を照らす わずかな光を探していけば
明日は今日以上に 輝きが増えていくから
明日は今日以上に 笑顔が増えていくから

 

今 漂い続けている空の先はきっと
明日の晴空へとつながっているから
無数の見えない糸を手繰(たぐ)り寄せながら
空に一筋の飛行機雲を ずっと描き続けた

 

 

たとえ どんな場所に降り立っても
いつでも再び 空へ飛び立つことはできる
ここから今日(いま)を1つずつ積み上げていけば
明日の晴空と笑顔に 必ず出逢えるから

 

今 漂い続けている 空の先はきっと
明日の晴空へとつながっているから
無数の見えない糸を手繰(たぐ)り寄せながら
空に一筋の飛行機雲を ずっと描き続けた

 

 

“Endless way” (2013 年作品)  詞・Koozy

2013年3月11日発表作品
※Koozyは2012年以降、毎年3月11日に新作品の発表をしています。

 

chosakuken

関連記事

代表 Koozy(川本浩司)

代表 Koozy(川本浩司)

はじめまして、Photo Space Reborn(リボーン)の代表 Koozyこと、川本浩司と申します。

写真って、目に映る姿・形などの外見や外観がそのまま忠実に写し出されているだけの印象を受けるかも知れませんが、実は内側にある思いや考えなど内面的な部分まで再現されるんですよね。

私の撮影において、特に人を撮る場合、ただカッコ良く、見栄え良く撮るだけでなく、その人の自然な表情や潜在的な魅力を引き出す部分に強くこだわっています。

ここでお会いできたのもなにかの縁かもしれません。
このきっかけをいかして、あなたにとって最高の一枚をめざしませんか?

代表 Koozy(川本浩司)

ページ上部へ戻る