黄昏空(たそがれぞら)

黄昏空(たそがれぞら)

あの時 離れたくなかった大好きな故郷は
いつしか 姿を変えてしまったけれど
別れたくなかった大好きな友も家族も
いつしか いなくなってしまったけれど

 

毎日 無理に忘れようとしたけれど
時に無理に強くなろうともしたけれど
今日と変わらない明日が続く毎日に
やり場のない怒りと無力さを感じていた

 

先の見えない未来を不安と共に手探りで
諦めてしまおうかと 時に絶望に襲われ
故郷から遠く離れたこの街の片隅で
数え切れないくらい涙も流してきた

 

目の前に広がっている黄昏空を見上げて
今はまだ 素直な笑顔になれないけれど
それでもこの街で今日を生きているから
そして明日も変わらずに生きていくから

 

 

先の見えない毎日を 葛藤と迷いの中で
ただ必死に前だけを見て今を生き抜いた
そして僅かに差し込んできた希望の光に
輝かされて いつしか笑顔も戻ってきた

 

心の奥に深く刻まれた思い出も記憶も
消えて失うことなんて絶対にないから
だから過去を忘れる必要なんてないから
これから未来を積み上げていけばいいから

 

目の前に広がっている黄昏空を見上げて
いつしか素直に微笑んでいる私がいた
今この街で確かに希望を手繰(たぐ)り寄せたから
そして明日も前だけを見て生きていくから

 

 

久しぶりに見かけた住み慣れた故郷は
かつての姿とはすっかり変わったけれど
目を閉じれば変わらず 笑い声が聞こえる
心の中では変わらず 生き続けている

 

いつまでも色褪せることのない心の故郷は
この黄昏空の下(もと) 強くつながっているから
心の中の灯火(ともしび)は永遠に燃え続けていくから
遠く離れていても また帰ってくるから

 

目の前に広がっている黄昏空を見上げて
いつしか 心からの笑顔でいる私がいた
今を照らしているのは希望の光だから
明日も前だけを見て笑って生きているから

 

 

“黄昏空(たそがれぞら)”  (2012年作品) 詞・Koozy
2012年3月11日発表作品
※Koozyは2012年以降、毎年3月11日に新作品の発表をしています。

 

chosakuken

関連記事

代表 Koozy(川本浩司)

代表 Koozy(川本浩司)

はじめまして、Photo Space Reborn(リボーン)の代表 Koozyこと、川本浩司と申します。

写真って、目に映る姿・形などの外見や外観がそのまま忠実に写し出されているだけの印象を受けるかも知れませんが、実は内側にある思いや考えなど内面的な部分まで再現されるんですよね。

私の撮影において、特に人を撮る場合、ただカッコ良く、見栄え良く撮るだけでなく、その人の自然な表情や潜在的な魅力を引き出す部分に強くこだわっています。

ここでお会いできたのもなにかの縁かもしれません。
このきっかけをいかして、あなたにとって最高の一枚をめざしませんか?

代表 Koozy(川本浩司)

ページ上部へ戻る