Vientiane

Vientiane

Vientiane(ヴィエンチャン)

泥まみれの古ぼけた夜行バスは
土埃(つちぼこり)の中 国道2号線を走っていた
都会(まち)の混沌と戸惑いから抜け出して
「真実」を探そうと北へと向かった

 

やがて辿り着いたVientiane(ヴィエンチャン)にて
夜明け前 メコン川の畔(ほとり)に佇(たたず)んで
闇夜を切り開き 赤く染まっていく
暁色(ぎょうしょく)の空を じっと見つめていた

 

水平線の先から昇るSunriseに
今日を歩み出す自分の姿を重ねた

 

目の前で輝いている鮮やかな朝日は
今日を照らす 希望の光だと信じて
I begin to walk again from yesterday.
I go ahead again from Vientiane.

 

 

光と花と神々に包まれて この街の人々は
迷いもなく 無垢(むく)な笑顔を溢れさせていた
でも決して近過ぎない距離感がシンプルで
いつしか僕も優しく素直な笑顔になれた

 

緩やかな時間が流れるLao(ラオ)の地だけど
どこか激しい鼓動が大地に響き続けて
幼少の頃のような繊細さと情動が同居し
無性にノスタルジーを感じさせてくれる

 

目の前で煌めいている純粋な笑顔は
僕の混沌(こんとん)と戸惑いを打ち消すシグナルで
I begin to walk again from today.
I go ahead again from Vientiane.

 

 

いつしか自分自身を取り戻した僕は
黄昏時(たそがれどき) メコン川の畔(ほとり)に佇んで
幻想的な彩りを一面に描いていく
茜色(あかねいろ)の空を 笑顔で見つめていた

 

水平線の先に沈んでいくSunsetに
明日も歩み続ける自分の姿を重ねた

 

目の前に広がっていく夕闇空(ゆうやみぞら)の陽(ひ)は
明日を照らす旅立ちの光だと信じて
I begin to walk again for tomorrow.
I go ahead again from Vientiane.

 

※Vientiane(ヴィエンチャン) … ラオス人民民主共和国の首都

 

 

“Vientiane(ヴィエンチャン)”  (2007年作品) 詞・Koozy
この作品の詞はKoozyが東南アジアにて、
作品撮影のため 放浪旅をしていた時の実体験を基に描かれています。
chosakuken

関連記事

代表 Koozy(川本浩司)

代表 Koozy(川本浩司)

はじめまして、Photo Space Reborn(リボーン)の代表 Koozyこと、川本浩司と申します。

写真って、目に映る姿・形などの外見や外観がそのまま忠実に写し出されているだけの印象を受けるかも知れませんが、実は内側にある思いや考えなど内面的な部分まで再現されるんですよね。

私の撮影において、特に人を撮る場合、ただカッコ良く、見栄え良く撮るだけでなく、その人の自然な表情や潜在的な魅力を引き出す部分に強くこだわっています。

ここでお会いできたのもなにかの縁かもしれません。
このきっかけをいかして、あなたにとって最高の一枚をめざしませんか?

代表 Koozy(川本浩司)

ページ上部へ戻る