Blue Moon

Blue Moon

今宵は1000日ぶりのBlue Moon
禍事(まがごと)と奇跡が交錯する神秘の十五夜
蒼き月光に 水面(みなも)は瑠璃色に染まり
幻想的な輝きに 性霊(せいれい)は騒めき立つ

 

眩い光と共に この地に降り立ち
やがて 導かれ合うように巡り合い
あなたは私の日常に命(あかり)を灯した
あなたは周りを明るく照らし続けた

 

いつしか あなたは人の移ろいに
心を惑わせ 独り 涙に濡れながら
哀しみの眼差しで 満月を見上げ
郷愁を胸に 夜宙(よぞら)に思いを馳せた

 

1000日前 Blue Moonの訪れと共に
あなたは静かに天へと還っていった
あなた無き今 ここに残された永遠は
蒼き光を乱反射した暗闇にしか過ぎない

 

 

今宵は1000日ぶりのBlue Moon
あなたと再び 出会えることを願い
蒼き月光の下(もと) 静かに祈りを込め
今日だけの特別な奇跡を信じ続けた

 

Blue Moon 失われた心や魂との再会
いつか耳にした3年に1度の奇跡を願い
あの日 置き忘れた時間(とき)を取り戻すため
今日のBlue Moonを待ち続けた

 

ひと時の静寂(しじま)の後 光と共に風は囁き
満潮(みちしお)の水面(みなも)は 大きく波打ち 騒めき始め
やがて蒼き月光が 秋夜(あきよ)の蜃気楼の中に
懐かしき面影を 薄暗く映し出した

 

あの日 最後に伝えられなかった言葉を届け
置き忘れた時間(とき)は今 再び動き始めた
この地に亡き あなたの魂は 心の中で
ここに残された永遠と共に生き続けていく

 

Blue Moon もうすぐ沈みゆく 蒼き月へと
再び還っていく1000日前と同じ姿は
昨日までの色亡き 哀しき瑠璃色ではなく
虹色の耀(かがや)きに彩られ 夜宙(よぞら)を明るく照らした

 

 

今宵は1000日ぶりのBlue Moon
多くの奇跡が訪れる神秘の十五夜
蒼き月光と共に 天と大地は繋がり
願い続けた多くの人の下(もと)に Heartが降り注いだ

 

蒼き月光が導いた Blue Moonの奇跡
蒼き月光が導いた 秋夜の夢は儚く消え去り
昨日と一見 変わらぬような1001日目を
新たに刻み始め 今日から虹色を描き始めた

 

 

※Blue Moon
大気中の塵や波長等の影響で月が青く映る現象。
非常に稀な現象であるため、「幸せ」、「奇跡」、「願いが叶う」などの象徴とされたり、「あり得ない出来事」が起こる前兆と捉えられたりする。

 

 

“Blue Moon” (2015年作品) 詞・Koozy
Blue Moonの夜の1つの奇跡を描いた作品。

 

chosakuken

関連記事

代表 Koozy(川本浩司)

代表 Koozy(川本浩司)

はじめまして、Photo Space Reborn(リボーン)の代表 Koozyこと、川本浩司と申します。

写真って、目に映る姿・形などの外見や外観がそのまま忠実に写し出されているだけの印象を受けるかも知れませんが、実は内側にある思いや考えなど内面的な部分まで再現されるんですよね。

私の撮影において、特に人を撮る場合、ただカッコ良く、見栄え良く撮るだけでなく、その人の自然な表情や潜在的な魅力を引き出す部分に強くこだわっています。

ここでお会いできたのもなにかの縁かもしれません。
このきっかけをいかして、あなたにとって最高の一枚をめざしませんか?

代表 Koozy(川本浩司)

ページ上部へ戻る